インドアクローン

仕事と通院以外で外出することがない引きこもり人間の闘病(?)ブログです。自分の趣味とクローン病の事を書いていきます!!

クローン病と難病手帳

広告

どうも!昨日ハイテンションで筋トレしすぎて全身筋肉痛のしろだんごです!

f:id:shirodango:20170703003304p:plain

今日はやっとやっと届いた難病手帳の事について書いていこうと思います。

 

目次

 

難病手帳(特定医療費(指定難病)受給者証)って何?

簡単に説明すると医療費の自己負担がある程度までですみ、残りは公費で負担してくれるようになります。

この公費負担は収入などで変わるので注意。

 

申請の手続き

必要な物を保健所に提出して、あとは県の方で審査されるので待ち続ける(約2~3ヶ月といわれています)

[主に必要なもの]

・臨床調査個人票→自分が今かかっている医療機関の医師(難病指定医)に書いてもらう

・健康保険証のコピー

・住民票の写し(マイナンバー入り)

・市町村民税課税証明書

他に必要な物がある場合があるので最寄りの保健所に聞いた方が良いです。

 

僕の場合・・・

f:id:shirodango:20170703003116p:plain

申請してから約6ヶ月かかりました。

これには訳がありまして、僕がかかっていた病院(勤め先)の医師が書いた臨床調査個人票に間違いがあり、再提出するという事が2回もあったからです。

そのためにこんなにかかりました。こっちからしてみると何やってんだーって感じでした。

まだ僕は勤め先の病院だったので医師や事務の方と連携がとれたので良かったです。

まぁ僕の場合はだいぶ遅れましたが、だいたいは提出してから3ヶ月くらいでくるようです。

 

申請している間の医療費は・・・

f:id:shirodango:20170703002725p:plain

もちろん全額負担です!!

最初のうちは月に一回の受診だったので一ヶ月分のエレンタールやらペンタサをもらうだけでした。それでも約2万円くらいかかってました。

ですが二週間しか処方できない新薬のゼンタコートカプセルが増えたことにより、月にかかる医療費は約3万円くらいに・・・。

きっついーー!!

自分の生命線とはいえ一人暮らしで月に3万円も消えてたらダメージ大きいです。

罹患してからタバコ代、酒代、外食代がなくなり食費も圧倒的に安くなりましたが、3万円もかかってはいません。だからきつい。

なのでこれから医療費が抑えれるのは本当にありがたい!!

 

お、お金が返ってくるだと・・・

f:id:shirodango:20170702235752p:plain

ここに記載されているように特定医療費支給申請書や領収書などを持っていったら今まで余分に払っていた分が返ってくるみたいです!

なんかプチボーナスみたい。ありがたやありがたや。

だけどまた色々な書類をかき集めないといけないのか、面倒くさい。

 

最後に・・・

これで医療費が抑えれるのは本当に嬉しい。やっと肩の荷がおりました。

申請までに困った事として、近くに家族がいないのでこれらの手続きをするのが大変でした。

結局僕は事務の方に書類等の準備はしていただきました。本当にありがとうございました。

あと市町村民税課税証明書は前年度のものが必要だったのが困りました。前年度っていうと僕はまだ学生で地元の県のど田舎にいたからです。

なのでわざわざこちらから地元の市役所に必要書類を郵送して、本人確認が出来た後こっちに証明書を送ってもらうという工程が必要でした。

学生時代なんか働いていなくて扶養されているから0円なのにね。

 

少し面倒くさいですが、これから申請する人は気をつけてください。

早いうちに最寄りの保健所等に電話するのが一番!

医療費が安くなったから、これで散財できるぜ!やっほーい!

それではまた次回で