インドアクローン

仕事と通院以外で外出することがない引きこもり人間の闘病(?)ブログです。自分の趣味とクローン病の事を書いていきます!!

クローン病と難病手帳と償還払い

広告

どうも!しろだんごです!

f:id:shirodango:20171015180418p:plain

今回は難病手帳申請中に支払った自己負担上限額を超えた医療費が返ってくる『償還払い』について書いていこうと思います。

 目次

 

難病手帳申請中に支払った医療費が返ってくる!?

f:id:shirodango:20171015180607p:plain

難病手帳申請中の間の医療費は全て自己負担のため、人によっては多額の通院費、入院費、薬代を支払っていると思います。

僕も難病手帳がくるまで月に1~2回の通院でしたが診察代、薬代だけで約2万円支払っていました。

正直1人暮らしで2万円の出費はきつかったです。なので難病手帳がきてから自己負担上限額が数千円程度に抑えられて本当に良かった。

元々申請中に支払った治療費が返ってくる『償還払い』というのは知っていたので領収書や明細書はとっていました。
その償還払いとは、広島県の場合

特定医療費(指定難病)の申請者が,認定の審査中等で受給者証が発行されていない間に自己負担上限額を超えて支払った医療費については,償還払いの申請をすると返還されます。

新たな難病医療費助成制度について - 広島県ホームページ

とあります。

各都道府県で申請内容が違うのと、償還払いは難病に関係した治療費でないと適用されないので注意して下さい。

なので医療保険が適用されない医療費や、補装具の作成、難病と関係ない治療は対象になりません。

あと償還払いの対象期間は難病手帳に記載されている申請した日からになるので、その日より前で上限額を超えた医療費は対象にならないので注意。

 

申請時に必要な書類(広島県の場合・・・)

  1. 特定医療費(指定難病)支給申請書。
  2. 特定医療費(指定難病)証明書
  3. 医療を受けた医療機関等が発行した領収書及び医療内容、保険点数等が記載された書類(レシート不可,領収証は写しで可)
  4. 医療費振込先金融機関の口座がわかる書類(預金通帳の写し等)
  5. 自己負担上限額管理票の写し(月途中から受給者証を使用した場合のみ)
  6. 高額療養費振込金額決定通知書(高額療養費の適用となる場合のみ)

 

僕は今回、1、3、4の書類のみ作成しました。6は申請中の間に入院されていた方などが必要だと思われます。

広島県のホームページに特定医療費支給申請書と記入例、特定医療費証明書、償還払い委任状の様式がWordファイルであったので作成自体は楽です。

特定医療費証明書は医療費を支払った医療機関に作成してもらうもので、なくても申請自体はできます。

この証明書があると特定医療費支給申請書の作成が楽なのと、申請した後の審査の期間が短くなるようです。

 

さっそく作成し申請

f:id:shirodango:20171015180812p:plain

書類に振込先金融機関や受給者番号、健康保険、診療回数等記入していきます。

僕は特定医療費証明書がなかったので、医療機関ごと月毎に書類を作成することが必要でした。

そのため大量に特定医療支給申請書を印刷して同じ事を何度も書き込みました。けっこうしんどい。

医療費を支払った病院と薬局は3ヶ所で領収書や診療明細書は元々まとめておいたので、整理に時間はかからなかったです。昔の自分に感謝。

そして各月ごとにまとめて住んでいる地域の保健センターに提出しにいきました。

f:id:shirodango:20171015181805p:plain

保健センターに持って行ってまず言われたのが「全部書いてくれたんですか?頑張って書きましたね~」でした。

実は特定医療費支給申請書は1枚だけ記入すれば、あとはコピーでよかったそう。俺の苦労はいったい・・・。

あと一応振込先の口座がわかる書類も枚数分印刷してきたのですが・・・1枚でよかった。

担当のお姉さんと一緒に領収書や診療明細書に間違いがないか確認して申請完了しました。

そしていつお金が振込まれるのかというと・・・約4ヶ月後!!長い!!

何かしらの通知がくるわけではなく、急に振込まれるそうなので通帳をチェックしといて下さいとのことです。

まぁ何はともあれ申請は無事終了しました。

 

最後に・・・

難病手帳はもっと前に届いていたのですが、面倒くさかったので手をつけていませんでした。

ですが案外楽に申請できたので、書類を忘れないうちに早いとこ申請しといた方が良いと思います。

ちなみに難病手帳申請日より前の申請書も一応持って行きましたが、案の定ダメでした。

入院費用も返ってきてほしかった。

作成方法などがわからない人はお近くの保健センターなどに電話するのが一番です。

どこに電話すればよいか全くわからない場合は難病情報センターへ電話を!!

難病情報センター | 病気の解説・診断基準・臨床調査個人票の一覧 疾患群別索引(神経・筋疾患)

 

今回なぜ償還払いの事を書いたかというと、僕がどうやって書類等を書けばよいかわからずネットで探してもなかったので書きました。

各都道府県のホームページ見ればいいじゃん!っていう声が聞こえてきそうですが、個人的にわかりずらく、見づらい。

この記事が誰かの助けになれば。それでは!!